2014年02月11日

延命

1月の始めまでは2月に死ぬ準備をしていたました。学生時代の新年会に呼ばれ普段なら行かないのですが、どうせ最期だからと参加。

そこで同級生といろいろ話していくうちに、何か自分の中でもう少し生きてみようかという気持ちが出てきました。これがあったからという原因はありませんが、みんな苦しみながらも考えすぎないようにしてるみたいです。何がきっかけでもう少し生きてみようかとなるかわからないものですね。他人に言われたり、テレビや本などではこういう気持ちにならなかったでしょうが。

やたらと元気がない、やさぐれてるなど同級生に言われましたが、顔だけでもわかる人にはわかるんですね。心療内科でも医者にまだまだ顔に覇気がない、焦るなと言われてますが。

とりあえずこの1年生きてみて、それを乗り越えたら意外とそのままダラダラと生き続けられるのではないかと思っています。
posted by 政宗 at 17:17| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。